病院にwifiを持ち込みする方が最近増えているようです。やはり入院中はインターネットくらい自由に使えないと退屈してしまいますよね。そこで、病院で使えるwifiや便利なレンタルサービスなどをご紹介しています。

病院に入院でwifiを持ち込みするなら無制限レンタル端末がおすすめ!

病院にwifiを持ち込み

病院にwifiを持ち込みすることができれば、入院中も暇を持て余す事無く時間を過ごすことができます。
入院する理由にもよりますが、例えば骨折や検査入院なんかの場合は、ケガをしている部分は痛いけど体自体は健康ですから、一日中病院のベッドに寝てばかりいられないですよね。

そして、おそらく多くの方が今は病院での暇つぶしアイテムとしてスマホを利用していると思います。
でも、スマホを一日中いじってたらデータ量が膨大になってしまって通信制限にかかってしまったり…
本当はタブレットやノートパソコンを使いたいとかいろいろありますよね。
そういう場合には、ポケットWi-Fiが一台あるととっても便利なんです。

入院中にインターネットを使う

病院に入院している時には、インターネットは電波が病院の精密機器に影響するから利用できないと思っていませんか?
確かに、スマホの電波は精密機器に影響を与える場合もありますが、今は病院で一切スマホを利用できないということはありません。
そうした精密機器の近くでは使えないこともありますが、入院している病室などでは使っても問題ないとなっている病院も多いのです。
ですから、当然ポケットWi-Fiも使うことができます。
じゃあ入院中にポケットWi-Fiがあるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

スマホの通信制限を気にしなくてよい

普段は自宅のWi-Fiに繋いでスマホで動画を見たりしている方も多いですよね。
でも、そういう方が病院へ入院してWi-Fi接続しないまま動画を見たり、インターネットで調べ物をしたりとガンガンスマホを使っていると、普段とは比べ物にならないくらいデータ量を使います。
そして、結果的に通信速度制限にかかってしまってスマホが使い物にならなくなってしまうのです。
入院中に唯一の暇つぶしアイテムだったスマホが使えなくなったらもう地獄でしかありませんよね。
そうならない為に、ポケットWi-Fiを用意します。
ポケットWi-Fiにスマホを接続していれば、スマホのデータ量を消費することなくインターネットを利用することが可能になるからです。

タブレットやノートパソコンも使える

病院で暇な時間をつぶすとしたら、タブレットで動画視聴なんていうのもいいですよね。
スマホだと画面が小さいですから長時間は疲れてしまいます。
しかし、タブレットって多くの方がWi-Fi接続専用でつかっていませんか?
それをそのまま病院に持って行っても本体に保存してある動画しか見ることができません。
こういう場合もやはりポケットWi-Fiがあると便利です。
タブレットはもちろんですが、ノートパソコンを接続して使うこともできるので、病院のベッドで仕事をすることだってできます。
今の時代、インターネットさえ繋がればどこでも仕事できますからね。
ある意味、病院でノマドができるのです。

病院でポケットWi-Fiルーターは使えるのか

もし、病院へポケットWi-Fiを持ち込む場合は事前に病院への確認は必須です。
現在は多くの病院は、携帯電話やスマホ、Wi-Fiなどを利用できるエリアと利用できないエリアがはっきりしています。
普通の病室であれば大抵問題ないとなっていますが、ポケットWi-Fiを持ち込みできるかどうかは念のため確認しておいた方がよいでしょう。

レンタルできるポケットWi-Fiってどんなもの?

入院時にレンタルできるポケットWi-Fiは、よくある一般的なポケットWi-Fiと同じです。
小型の端末で電源を入れてスマホやパソコンを接続すればインターネットを利用できます。
ポケットWi-Fiと言うといままでは2年や3年の契約をして利用するものが一般的でしたが、最近は使いたい期間だけレンタルできるものが増えてきています。
こうしたサービスを利用するメリットは、無駄にお金を払わずに短期間レンタルしてポケットWi-Fiを利用できるという点です。

指定期間のレンタルですから、もちろん解約時の違約金などもありませんし、初期費用といったものもありません。
最短で1日から一週間でも一か月でも好きなようにレンタルできるので、まさに入院時にはぴったりのサービスと言えます。

病院で使うのにおすすめのポケットWi-Fiは?

ポケットWi-Fiには、スマホと同じようにいくつかの回線の種類があります。
代表的なのはY!mobile、WiMAX、そしてソフトバンクやドコモです。

まず、Y!mobileやソフトバンク・ドコモは基本的にLTE回線を利用しているものが多くなっています。
LTE回線のメリットは、エリアが広い事と、電波を拾いやすい事です。
なぜかというと、LTE回線の周波数は低周波となっているので、障害物や建物の壁などを避けて受信できるという性質があります。
ただし、低周波の電波はまっすぐ進むスピードが遅いので回線スピードはまあまあと言ったところです。

一方WiMAXですが、こちらは高周波の電波となっているので、LTE回線に比べて回線速度がかなり速くなります。
よって、高速回線を好む方向けのものとなります。
しかし、高周波の電波はまっすぐ進む力が良いので障害物をよける事が苦手なので、屋内で利用する場合には電波状況が悪い場合があります。


じゃあ病院で使うWi-Fiとしてはどちらが良いかといえば、Y!mobileやソフトバンク・ドコモの方が安心です。
ただし、はじめに必ず確認するべきは利用する回線のエリア内かどうかというところです。
エリア外だとLTE回線だったとしても利用する事がそもそもできません。

また、ポケットWi-Fiを利用する場合にはデータ量についても確認しておく必要があります。
いくらポケットWi-Fiだからと言っても、データ量には制限があるものもありますので、速度制限がかかってしまう事もあります。
そういった面では、月間データ量無制限で使えるWiMAXの方がおすすめとも言えます。
WiMAXは屋内には弱いですが、建物内でも使えるところは使えますし、窓際に端末を置けば意外と電波状況も良かったりしますからね。